カードと電卓とレシート
投資の一つであるFXですが、FXで儲けた利益にかかる税金はどうなっているのかご存知ですか?当サイトでは他にも株主優待や投資信託についてもわかりやすくご紹介していきます。

低位株を使って利益を得る方法

株式投資のための資金が少ないのであれば、低位株を使って売買をすることができます。
少額購入できるのが理由ですが、利益を得るためには知っておくべきことがいくつかあります。

まず低位株は配当金が少ないので、長期保有での利益はあまり見込めないということです。
一方で値動きが大きいので、短期取引での利益率が高いのが特徴です。
また低位株は銘柄数が多いので、選ぶべき対象が多いことが特徴と言えます。
以上のような点を踏まえて、利益を出す方法を見つけることが必要です。
デリバティブ取引のようにリスクはそれほど大きくありませんし、初心者でも安心して取引できます。

もし長期保有をするのであれば、細かく売買を重ねて株数を増やすようにするのがポイントです。
大型株であれば購入してそのまま放置することもできますが、小型株は配当金などのインカムゲインが少ないので、利益は少ないものです。

そこで、細かく売買を行いながら資金を作り、その資金で買い増しをするという形で株数を増やしていきます。
具体的にはチャートを見て、上昇トレンドにある銘柄を探します。そして一旦下げたところを狙って購入し、上昇したところで一部を売却します。
そのようにして得た資金で下げの場面で買い増しをすることになります。下げトレンドに移行したならば全てを売却し、一旦休みます。
もし信用取引ができるのであれば、空売りで利益を得ることができます。

あるいはデリバティブ取引を利用して、下げ相場で相対取引をするのもひとつの手段です。
現物株は保有したまま、先物などで売りポジションを建てます。これで両建ての形にすることで、下げ相場での損失を回避することができます。

このような小型株の値動きを利用することで少しずつ買い増しを行い、株数を増やすことによって利益を生み出すことができます。
デリバティブ取引を利用してリスク回避をするのも良いでしょう。
少額購入しかできない初心者でも、このような戦略を立てることができます。

購入すべき低位株の銘柄の見極め方

購入すべき低位株の銘柄の見極め方としては、まず業績の安定している企業を選ぶことになります。
このような企業の銘柄は大きな業績の向上が見込めないことから、株価の動きもそれほど見込めません。そのために株価が低く放置されるというわけです。
けれどもこのような銘柄であれば、大幅な値下がりリスクも少ないので、初心者にとっては安心して購入することができます。
チャートを見てもボックス圏内に入っているようであれば、その上げ下げのタイミングで売買を繰り返すことができます。

このように一つの銘柄をひたすら繰り返し売買して巨額の富を作り上げた前例もあります。
大きな値上がりを期待できない代わりに、安全に資金運用ができるというわけです。

あるいは業績が低迷することで株価が下がっている銘柄も、利用の仕方によっては利益を出すことができます。
このような企業の業績が向上すると、一気に株価が上昇するケースがあります。
大きな利益を狙うのであれば、このような銘柄もチェックしたいところです。
もちろん業績の向上が見込めなければ、そのまま株価が低迷したままで終わるリスクもあります。
慣れてくればそのような銘柄でチャレンジすることもできますが、初心者の場合にはあまり手を出さない方が良いかもしれません。

低位株は変動率が大きくても、株価そのものはそれほど大きく動かないものです。
資金が少ない場合には損失も限定されるので、売買の練習をするのには向いています。
まずは安定した業績の銘柄を選んで少しずつ購入するのが良いでしょう。
チャートを見て上昇トレンドにあるものをチェックし、下げたところを狙って購入するのがベストです。
下げ相場に備えてリスク回避をすることも大切です。

おすすめの銘柄で株を購入

関連記事はこちら