カードと電卓とレシート
投資の一つであるFXですが、FXで儲けた利益にかかる税金はどうなっているのかご存知ですか?当サイトでは他にも株主優待や投資信託についてもわかりやすくご紹介していきます。

株主優待を賢く使ってみましょう

株式投資をはじめて行われる方には、株主優待制度を採用している株式の購入をお勧めすることができます。
株主優待とは、最小単元以上の株式を保有している株主に対して、食事券や各種イベントへの招待券などの特典を定期的に付与してくれるというものです。
従って、単に株価の値上がりだけを目的にしているというような投機的な投資ではなく、じっくりと長期的に株式投資を楽しみたいという方には、最適の投資対象と言えるかもしれません。

ただ、自分はあくまでお金を儲けるために株式投資をしているのだから、食事券や各種イベントへの招待券などをもらっても嬉しくないという方もおられるかもしれません。
すなわち、大きく株価が値上がりしたり株式分割を行ってくれたりするのはハイテク関連の会社なのだから、特典を享受する為に最小単元の株主優待企業・株式を持っていてもメリットはないというわけです。

しかし、株主優待制度を採用している企業のなかには、株価が短期間のうちに数倍以上になる企業や、株式分割を実施する企業が、けっこうな数存在すると言えます。
ですから、日常生活に身近な中小規模の企業が多いからといって、株主優待制度を採用している企業のパフォーマンスを侮ることはできません。
それに、このような株主優待企業には根強い人気がありますから、景気が低迷しても株価が下がりにくいという側面もあります。

もちろん、株主優待があるかどうかということだけを投資の判断基準にしてしまうのは、偏りがあると言えるでしょう。
すなわち、株主優待制度を採用している企業の中には、配当金を出していなかったり、株価がずっと低迷している企業なども存在していますから、このような会社に投資をするのはトータル的に損をしてしまうことにもなりかねません。
しかし、逆の見方をすると、株主優待がもらえて、配当金もたくさんもらうことができて、株価も数倍に値上がりしているというようなケースもあり得るわけなのです。

持っておいて損はないおすすめの株主優待とは?

それでは、持っておいて損はないおすすめの株主優待には、どのようなものがあるのでしょうか。
最も一般的で人気があるのは、食事券をくれるというタイプの株主優待かもしれません。
しかし、このタイプの株主優待にも、100万円を投資して毎年1,000円分の優待券しか貰えないところもあれば、100万円を投資して毎年10,000円分の優待券を貰えるところもあります。
また、毎年10,000円分の優待券を貰えたとしても、1,000円毎に500円分の優待券しか使えないところもあれば、無制限に何枚でも優待券を使えるところもあります。
ですから、優待利回りが高くて無制限に使えるタイプのものが、株主優待としてはお勧めできると言えます。

それから、人生を豊かなものとするためには、食生活を充実させるとともに、血周りを良くさせて健康的になる必要があると言えるのではないでしょうか。
そのために役立つのが、フィットネスクラブ関連の株主優待です。
すなわち、フィットネスクラブ関連企業の株式を最小単元以上保有していれば、フィットネスクラブの施設利用権を定期的に取得することができるようになりますから、無料でフィットネスクラブを利用することができるようになるわけです。
そうすれば、運動によって血周りを良くさせて、健康的な生活を享受することができるようになるというわけです。
しかし、健康的な生活をおくるには、施設利用権の枚数が足りないのではないかと思われる方もおられるかもしれません。
そういう方は、家族の方がおられるのであれば、複数名義を利用して株式を購入するという隠し技もあります。
すなわち、半年毎に10枚の優待券ならば、3人分の複数名義を利用して、半年毎に30枚の優待券を貰えることになるわけです。

関連記事はこちら