カードと電卓とレシート
投資の一つであるFXですが、FXで儲けた利益にかかる税金はどうなっているのかご存知ですか?当サイトでは他にも株主優待や投資信託についてもわかりやすくご紹介していきます。

FXで利益を得たのに確定申告しないとどうなる?

FXでは外国為替相場の値動きを利用して利益を得ることができる仕組みが存在しています。
そのようにして得られた利益に対しては税金がかかるということを最低限知っておかなければなりません。
税金の計算方法は明確に定められており、確定申告によって自ら支払わなければならないと言うのが原則となっています。
このような納税を怠ってしまう事は脱税であり、場合によっては税務署から勧告を受けることになる場合もありますので注意が必要です。

個人投資家の中にはFXの仕組みはもちろん税金について十分な知識を持つことなく投資を始める人も少なくありませんが、マイナンバー制度により様々なお金の動きが確認しやすくなった現在においては、税務署の調査を逃れることはできないと考えておいた方が良いでしょう。
自ら適切に確定申告をしない場合においては、様々なデメリットが発生すると言うことを知っておく必要があります。
忘れていたと言う理由や知らなかったでは済まされない様々なリスクがあるのです。

まずFXによって適切に納税が行われていなかった場合には脱税と扱われることになるでしょう。
その場合FXの利益を意図的に隠蔽していたと判断される何かしらの事情がある場合には悪質であると判断されることになります。
一般的には税金の支払いが遅れた場合には延滞税の支払いをすることになるのですが、悪質であると考えられた場合においては重加算税と言う形でより高い税率が適用されることになるのです。
FXの税金はそのような仕組みになっていますので、個人投資家として運用するのであれば納税の義務についても知識として持っておくことが必要となります。
マイナンバーがなかった時代であっても大きな農政漏れがある場合には税務署から指摘を受けるということがありました。
今後はそのような調査がより容易に行われるようになりますのでFXによって利益を得ているのであれば確定申告については忘れることなく実施する必要があると考えなければなりません。

脱税が発覚した場合にかかる税金はどんなものがある?

FXで生じた利益は独自の計算法に基づいて税金を納めることになります。
確定申告によって納税するのが一般的ですが、その金額はそれなりに大きなものになります。
そのため納税をする金額を惜しんで隠蔽したいと考える気持ちは誰しも持ち得るものであるといえます。
しかしながら実際に隠蔽してしまえばそれは脱税であると言えるため、絶対に行ってはならない行為であると言えるでしょう。

脱税が発覚した場合に税務署から言われるのは納税をするようにと言う指摘になります。この場合通常の税金だけでは済まないと言う特徴を持ちますので注意が必要です。
具体的には納税が遅れた分だけ延滞税を支払わなければなりません。延滞税と言うのはその名称が示しているとおり延滞金のようなものです。
期日までに支払われなかった税金については延滞税が加算されると考えておく方が良いでしょう。
つまり期日までにしっかり支払っておかないと多く税金をとられてしまうことになるのです。

もう一つ脱税が発覚したときに支払わなければならない税金としては重加算税と呼ばれるものがあります。
これは脱税の中身が悪質であると判断された場合の罰則のようなものであり、通常の税金よりもかなり割高に設定されることになります。
確定申告漏れによる脱税が意図的であり悪質である場合などにおいては追徴課税と呼ばれる形で代金の支払いを義務づけられるのですが、その際には重加算税が加えられることになるのが一般的です。
脱税をすると言う事は犯罪であり、その罰則として重加算税が存在していると理解するのが良いでしょう。
このような仕組みが存在しているため、支払うべき税金は期日までにしっかりと支払うべきあるといえます。

関連記事はこちら