カードと電卓とレシート
投資の一つであるFXですが、FXで儲けた利益にかかる税金はどうなっているのかご存知ですか?当サイトでは他にも株主優待や投資信託についてもわかりやすくご紹介していきます。

FXはどのような仕組みで取引している?

株の変動「FX」とは、今や多くの人が知っている「投資」の選択肢の一つです。
基本的な仕組みは、「外貨レートの変動によって利益を生み出す」といった形になっていて、日本円を基準として考えられるので比較的誰にでも始められる投資として人気があります。

FXに似ている投資の仕組みとして「バイナリーオプション」がありますが、この二つは似て非なるものとして認識する必要があります。
FXの場合、「取引開始時点から終了時点までの相場変動」によって損益が決定します。
ところが、バイナリーオプションの場合は「取引終了の段階を予測」することになるため、最終的な結果に応じて0か100の結果にしかなりません。

配当という意味ではバイナリーオプションのほうが優れている状況が多いですが、期間を制限しない場合はFXの方が大きな利益を生み出せる可能性があります。
この二つの外貨為替投資を比較するためにはまず、それぞれの仕組みをしっかりと理解することが必要です。

まずバイナリーオプションは、取引を開始した段階に開催されている「場」がひとつの区切りです。
国内向けバイナリーオプションの場合は、国内法によって最短取引時間が3時間(2時間)と決められているため、最短でも2時間後の結果を予測することになります。
たとえば、日本円/アメリカドルの相場が100円/1ドルだった場合、2時間後に101円を超えていると予測するか、102円を超えていると予測するか、または99円以下に下がっていると予測するかといった「選択肢」があります。
これらはすべて独立した選択肢であり、最終的に円安、円高の動きが予測した範囲内にあれば的中となりペイアウトを受けることができます。

FXの場合は、明確な取引終了時点が制限されていないため、円安予測で円高に動いてしまった場合でも「利益が出るまで持ち続ける」という選択が可能です。
当然、相応の保証金が必要になってしまいますが、その問題さえクリアできれば損益をプラスにできる可能性は高いです。

FXは円高と円安の2択で予想出来る特徴がある

FXにしろバイナリーオプションにしろ、結果は常に「円高or円安」の2択です。
それぞれ変動する幅には違いがあるため、10銭動くのに1日かかることもあれば、わずか1時間の間に1円の変動を見せることもあります。
そして、この動きを短期的にとらえて取り引きを行う方法が「デイトレード」というものです。

デイトレードを行う場合、どちらかというとバイナリーオプションの方が配当が高くなりやすい傾向があります。
日本国内の場合、ペイアウトは1000円に固定されていますが、購入金額は数十円~999円までさまざまな状態があり得ます。
999円や1000円で購入してしまった場合はほとんど利益を生むことはできませんが、50円ほどで購入した場合は20倍もの配当を得ることができます。
銀行金利が1~2%を下回るような状態にある以上、20倍もの金利を受け取れると考えれば非常に割りが良い資産運用であることは明白です。
ただし、バイナリーオプションの場合は「当たれば20倍、外れれば0倍」となる点に注意が必要です。

どちらか一方に動き続けている相場ならば予測しやすいものの、同条件であれば「FXの方が安定して勝ちやすい」という特徴があります。
FXの場合、「買い」「売り」のどちらからでも始めることができるので、相場の変動に対して順応性が高い点が特徴です。
また、仮に予測が外れてしまった場合でも資産価値が0円になることはまずないので、損失も少なく済みます。

結論として、相場は上がるか下がるかの二択でしか変動していない以上、このどちらに動く可能性が高いのかを推測する術を身に付けることさえできれば、非常に高い勝率でもって資産運用を行えるようになります。

関連記事はこちら